本文へスキップ

デザイン保護は 人と文化のバロメータ

TEL. 03-3591-3031

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-4-1

調査サービスの利用についてNEWS&FAQ

新製品の製造販売にあたって、そのデザインが他社の意匠権に抵触するようなことになりますと、製品が販売できなくなるばかりでなく、製造のために要した設計、設備等の費用が無駄になります。 したがって、新製品開発にあたっては、デザインを決定する前に、他社の意匠権情報や権利侵害の予見を得るための意匠権調査は欠かせないものです。 その他、特許庁への意匠登録出願前の登録可能性判断、早期審査・審理のための先行意匠調査などにも活用できます。

意匠権調査

審査・審判実務経験を有する専門のベテラン研究員(弁理士有資格者含む)が調査を担当します。調査対象の物品の意匠分類のみならず、類似物品関係の分類も含めて意匠公報を調査します。
調査は、他社意匠権の抵触有無の確認用、無効審判請求理由用、新製品開発用、出願前登録可能性判断用、早期審査・審理申請の先行意匠調査など様々な目的での調査が可能です。調査結果は、報告書(抽出文献のリスト・意匠公報)にまとめて納品します。
調査は、基本的に日本国意匠公報を対象としていますが、諸外国の意匠公報の調査(韓国、米国、EU、中国等)についても対応いたします。ご相談ください。
また、調査報告書について、効果的な意匠出願の方法など様々な質問に的確にアドバイスいたします。アドバイスの内容を書面として必要な場合にはご相談ください(意匠権調査サービスのご説明(PDF))。

コンペ作品については、「コンペ作品の意匠権調査案内」をご覧ください。

申込方法
意匠に係る物品名(または画像・施設の用途)・申込者の住所・氏名・担当者名・調査期間・調査の希望事項等を記載した申込書と、図面・写真・見本等を郵送でお申し込み下さい。ファックス、電子メールでも受け付けています。
所要期間
1週間程度。(お急ぎの場合は、ご相談ください。)

申請書フォーマット」へ(プリントアウトして御利用下さい。)



バナースペース

(一社)日本デザイン保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-4-1
虎ノ門ピアザビル8階

TEL 03-3591-3031
FAX 03-3591-0738