本文へスキップ

デザイン保護は 人と文化のバロメータ

TEL. 03-3591-3031

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-4-1

機関誌「DESIGN PROTECT」 CONTENTS


2002 No.56 Vol.15-4
[アジアの意匠行政とデザインの近況4-1]
インドネシアの意匠保護制度(002p)
ハキンダ・インターナショナル 代表取締役 山本芳栄
[アジアの意匠行政とデザインの近況4-2]
インドネシアのデザインの事情(008p)
国際協力事業団(JICA) インドネシアデザイン振興担当専門家 安井皓一
<asia topics>
インドネシアTopics
(015p)
JICAインドネシアデザイン振興担当専門家 安井皓一
[アジアの意匠行政とデザインの近況]
韓国の意匠法制度(続)(016p)
漢陽大学校 法科大学 教授 法学博士 尹 宣熙
[アメリカのデザイン事情]
ビジネス主導社会とニューテクノロジーがもたらすもの(028p)
特許庁審査業務部 生活用品審査官 早水香苗
[意匠法論3-2]
意匠法の基本的諸問題の考察(032p)
社団法人 日本デザイン保護協会 意匠研究会会員/多摩美術大学講師 森本敬司
[インタビュー]
小谷勝彦(038p)
武蔵野美術大学デザイン情報学科 教授/グッドデザイン賞2002 審査副委員長 森山明子
[デザインの現場とデザイン保護7]
本田技研工業(株)におけるデザイン保護の取組み
(042p)
本田技研工業株式会社 知的財産部 意匠グループ 主任 野上成清
〈COLUMN〉
文化は進化(046p)
高岡市デザイン・工芸センター デザインディレクター 金子隆亮
[デザイン保護の法律7]
意匠法IV(047p)
千葉大学名誉教授 満田重昭
[やさしいデザインの理論2]
これからのデザインのあり方(下)
(052p)
文部科学省メディア教育開発センター 教授 黒須正明
[地域のデザイン保護活動紹介7]
財団法人 ファッション産業人材育成機構の紹介とデザイン保護活動(058p)
財団法人 ファッション産業人材育成機構 専務理事 IFI総合研究所 所長 恵美和昭
[意匠行政機関のご紹介 第3回]
技術調査課 知的財産支援室 大学等支援普及班(061p)
特許庁 総務部 技術調査課知的財産支援室 大学等支援普及班 課長補佐 山田繁和
社団法人 日本デザイン保護協会の活動紹介
10月1日「デザインの日」に記念セミナーを開催
(065p)
侵害系民事訴訟事件判示事項41〜42(066p)
弁理士 畠 豊彦
Information  H14.8.14─10.31(073p)
編集後記(76p)

バナースペース

(一社)日本デザイン保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-4-1
虎ノ門ピアザビル8階

TEL 03-3591-3031
FAX 03-3591-0738