本文へスキップ

デザイン保護は 人と文化のバロメータ

TEL. 03-3591-3031

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-4-1

Q&A

近年、「意匠法3 条第1項3号(新規性)に規定する意匠(先行公知意匠に類似するため、意匠登録を受けることができない意匠)に該当します」との拒絶理由通知書を受けた際に、引用意匠とは別に参考意匠を例示して、本願意匠と引用意匠の差異点には格別の創作が見られないので両意匠の類否判断に影響しないと、その判断理由が記載されています。このような拒絶理由を受けた場合、意匠法3条2項の創作非容易性の拒絶理由との違いが十分に理解できません。意匠法3条1項3号(新規性)と意匠法3条2項(創作非容易性)の意見書作成上の留意点について、説明していただけないでしょうか。
「新規性と創作非容易性の意見書作成上の相違点」にいて、[表1]のとおり整理いたしました。以下、[表1]に則してご説明します。

まず、意匠法3条1項3号(以下「新規性」という)の判断手法と意匠法3条2項(以下「創作非容易性」という)の判断手法については、最高裁が昭和49 年3月19 日に言い渡した昭和45 年(行ツ)第45号「可撓伸縮ホース事件」の判示が引き継がれています。

すなわち、新規性の判断手法については、「意匠法3条1項3号は、意匠権の効力が登録意匠に類似する意匠すなわち登録意匠に係る物品と同一または類似の物品につき一般需要者に対して登録意匠と類似の美感を生ぜしめる意匠にも及ぶものとされている(法23 条)ところから、上記のような物品の意匠について、一般需要者の立場からみた美感の類否を問題とするのに対し、意匠法3条2項は、物品の同一または類似という制限をはずし、社会的に広く知られたモチーフを基準として、当業者の立場からみた意匠の着想の新しさないし独創性を問題とするものであって、両者は考え方の基礎を異にする規定であると解される。」と判示しています。

してみると、新規性の判断は、本願意匠と一つの引用意匠とを全体観察しての1対1の対比であり、両意匠が「類似する意匠」であれば新規性は否定されます。したがって、引用意匠は、一つの意匠であり、引用意匠が複数になることはありません。新規性に関する拒絶理由通知書に示されている意匠(例示意匠や参考意匠)は、本願意匠の創作の背景について説明するものであり、その趣旨は、審査官が、本願意匠の要旨を認定し、その摘示した要旨について、意匠的特徴とならないと判断した根拠を出願人に伝えるためのものです。

これに対して、容易に創作することができるとされる意匠(ありふれた手法により創作された意匠)の代表的な例は、「置換の意匠」、「寄せ集めの意匠」、「商慣行上の転用意匠」であり、公然知られた形状や模様等に見られるモチーフを基準として、当業者の立場からみた意匠の着想の新しさないし独創性の有無です。具体的には、「置換の意匠」とは、意匠の構成要素の一部を、他の公然知られた意匠の特定の構成要素に置き換えたにすぎない意匠であり、「寄せ集めの意匠」とは、複数の公然知られた意匠を組み合わせて一の意匠を構成したにすぎない意匠であり、「商慣行上の転用意匠」とは、置物、玩具、食品等の創作に見られるように、他の物品の形態を転用して意匠を形成する商慣行があることを前提として、その転用の際に行われる変形の程度が、技術的あるいは経済的要因の必要性から行われる造形上の変更、単なる縮小や軽微な変更等、当業者であれば誰でも加える程度の変形に過ぎない意匠です。

したがって、意匠の審査、審判においては、本願意匠の基礎となる構成や具体的態様が、その意匠の出願前に公知または周知であり、それらの構成要素を、「ほとんどそのまま表す」か、その物品分野において、周知の創作手法である「単なる組み合わせ」もしくは、「構成要素の一部または全部の置き換えか」否かが判断されものであり、それらの判断の基礎となる創作の背景を示す例示意匠は複数になるのが通例です。

つまり、新規性の有無の判断は、本願意匠と引用意匠の共通点と差異点を摘示して、その意匠的効果を衡量して「類似する意匠」であるかを判断するものであり、創作非容易性の判断は、本願意匠の形態を分析して、その形態と例示意匠との関連性、すなわち、本願意匠の創作が例示意匠に見られ、創作が容易になされるかの判断であり、創作非容易性の判断に類似の概念は採用されません。したがって、創作非容易性の意見書に、「類似」という用語は使用されません。

なお、創作非容易性の判断根拠となる例示は、原則的には「形態」とは言いません。意匠法3条1項に規定される意匠は、「物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合」であり、物品と一体不可分であるのに対して、意匠法3条2項は、物品から離れた形状のみあるいは模様といった独立した意匠のモチーフ(構成要素)が、その判断の基礎となるので、形状と物品の態様からなる「形態」という表現は適切ではありません。 

バナースペース

(一社)日本デザイン保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-4-1
虎ノ門ピアザビル8階

TEL 03-3591-3031
FAX 03-3591-0738